FC2ブログ

木のしごと かがや

~ ももんがを中心に私が作った木彫り達 ~

落下

落下
この前彫った白いヤモリ。
塗装乾燥中に落下してしまい顎下の尾の部分
がぽっきり。
悲し・・・・・・。
置物として制作したのだが・・・・・。
一晩考えて額に入れようと。
これは訳ありでHPで販売することに。
https://todokaga.wixsite.com/kibori
スポンサーサイト



  1. 2021/05/16(日) 11:33:13|
  2. 爬虫類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

丸裸

DSCF2565.jpg
DSCF2570.jpg
 昨秋に2本のプラムの幼木を植えた。
一本は仕事部屋から見える所に。
芽が出、葉が付き始め、非常に楽しみであった。
高さは30cm位。
違う所に植えたものと比べるとこの一本は日照権が悪く
成長が遅かった。
広い所に植えたものより葉がだいぶ小さい。
それで天気の良い日は鏡を移動させながら陽を充てていた。
おかげで柔らかな緑色の小さな葉は育ち、全部で12枚付いた。
一番大きな葉で3cmくらいだろうか。
分かれていた枝にも葉が芽ぶいていた。

そ、それが今朝丸裸。
緑は消え去りぼっこが一本。えぇ~!
虫が食べてしまったのだろう。
こうしてこの歳になっても自然の厳しさ、人生のはかなさを
またしても味わうこととなった。
  1. 2021/05/14(金) 09:40:12|
  2. 振り子時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自然の形

自然の形
ベースになっている木の洞(うろ)はなかなか手に入らない。
自分で作ってみてもしっくりこない。
自然美に近づけるには時間もかかるし、到底及ばない。
入手するには山や林か海辺を歩かなければならない。
しかも収穫が全くない時もある。
洞入りのモモンガやシマリスを何点か制作したが、
似たようなものを、と注文を受けた。
自然が相手なのでこれは無理ですと答えた。
何年でも待つのでと言われた。
これは私にとって重たい足枷になるので解ってほしい。
受諾は出来ません。
自然の形との偶然の出会いを、再現など出来る訳がない。
と、考えます。

画像のものはhttps://todokaga.wixsite.com/kibori
syop2で販売中。
  1. 2021/05/12(水) 20:05:16|
  2. ももんが
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

白と黒

白と黒
 今回エリマキの樹で彫ったヤモリと、以前に
黒檀で彫ったヤモリ。
この白い樹のエリマキは非常に緻密で硬質な樹であります。
柘植よりも硬く、柘植の自制しない北海道ではその代わりに
使用されていました。木彫りペンダントもこの樹で最近は根付師
も扱ってます。
そもそもこのエリマキと言う名称は地方名で北海道や一部東北
で呼ばれているようです。
北海道大学出版の樹木関係の本を見るとエリマキはツリバナ
の樹と出てきます。
ですが、製材されたツリバナ、マユミ、コマユミの3種の樹を渡されたとすると
見分けは非常に困難となります。
樹の皮は違うのですが、中身は酷似しています。
それで、ツリバナもマユミもコマユミもエリマキと言う一派一絡げの総称だと言う人がいます。
いや、ツリバナだけがエリマキだ、と言う人もいます。
白か黒かはっきりしろ、と思ってた頃もありましたが、
まぁどっちでもいいかと思うこの頃。
ちなみにツリバナにもオオツリバナとかヒロツリバナとか何種かあるようです。
樹とか魚とかの地方名は節操がないので困ります。
  1. 2021/04/30(金) 11:24:13|
  2. 爬虫類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

虫
 この季節になると温度も上がり、虫達が顔を出してくる。
虫は嫌いではない。
観察している時間は楽しいものだ。
驚くべき生態を綴った本や画像は興味に尽きない。
しかし、風呂に出てくるワラジ虫はまだ良いとして
ゲジはいただけない。その姿、その足の数と速さは
びびる。
北海道にはいないのだが、地を歩き回る巨大なアシダカグモ、
ずいぶん前に京都のアパートのトイレで生まれて初めて遭遇。
大きさは5cmぐらいだったろう。
その時の恐怖は忘れられない。びびるを通り越したものだった。
思わず”ほうき”で叩いたが、強靭なもので逃げてしまった。
そして残された長い2本の足が、ぴくぴく動いているのを見て
身の毛もよだつという言葉を体得したものだった。
  1. 2021/04/26(月) 08:19:30|
  2. ももんが
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

momozizi

Author:momozizi
北海道生まれです。ある時”ももんが”に心打たれ、それを主体に彫り続けております。ももんが以外でも、ペットの模写彫り、オリジナルの振り子時計やステッキ他、小さなもの(根付やストラップ)から大きなもの(壁画レリーフや立体動物)まで如何なるものでも注文木彫り承ったりもしております。
全国各地百貨店での北海道物産展・クラフト展では私の作、ほぼ全種、千歳空港内”エアーマミー”、小樽”ファインクラフトトレーディング”・ネット販売サイトの”minne”・”creema”・”iichi”などで一部を販売しています。
 オーダーやお問い合わせなどはリンク先のHP”可香谷智の木彫り”からどうぞ。
 リンクする場合は一応報告してくださいな。

モモンガ

最新記事

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リスのブログ時計


by Animal Web Clock

最新トラックバック

最新コメント

カテゴリ

ももんが (97)
振り子時計 (48)
掛け時計 (8)
創作 (23)
カエル (9)
龍 (3)
シマリス (19)
なきうさぎ (1)
未知の生物 (1)
デグー (3)
うさぎ (16)
未分類 (22)
工芸 (7)
木彫り (28)
植物 (2)
魚類 (8)
ステッキ (6)
家具 (8)
落款 (3)
模写彫り (3)
小物 (1)
ギャラリー (3)
北海道物産展 (20)
仏像 (13)
爬虫類 (20)
樹 (12)
にゃんこ (2)
ふくろう (2)
鳥類 (4)

月別アーカイブ

ブロとも一覧


子ども達の未来のために

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

フリーエリア